高嶺の花 第1話 感想

第1話


ありゃ。ちょっと想像してたのと違って戸惑ってます。

身分違いの恋は大好物♥️ですが、いくら家がお金持ちでも、がさつなお嬢様はあまり好みではないもので( ̄▽ ̄;)
ストーリーも…とりあえず第1話を見た限りではそれほど面白そうには思えず。
でもヒロインの華道の腕は本当に一流らしいので、そこがどう描かれるかは楽しみかな。

もともと石原さとみちゃんの美しさと、千葉雄大くんの可愛さを愛でるつもりで見始めたドラマなので、彼らのビジュアルを最大限に引き出してくれれば、ストーリーは多少粗くても目をつぶる用意はあります!!!笑

それにしても、さとみちゃんに千葉くん、芳根京子ちゃん、峯田和伸さん、正司照枝さん…朝ドラキャストが揃ってますね。
ちょうど今、カーネーションの再放送を見ているので、おばあちゃんが出てきたときは胸がじーんとしました。


第1話(公式サイトより引用)
もも(石原さとみ)は、華道の名門「月島流」本家に生まれた令嬢。上流階級に育ち、美しく、華道家としての才能も圧倒的なももには、何一つ足りないものなどなかった。あとは愛する恋人・吉池(三浦貴大)との結婚で、パーフェクトな幸せを手にする、はずだった。
しかし、式当日に吉池が別の女性を妊娠させていたことがわかり、結婚は破談となる。以来、精神的に不安定になったももは、あろうことか、吉池の周辺をつきまとうまでに。月島流家元の父・市松(小日向文世)と妹のなな(芳根京子)は、深く傷ついて立ち直れないももを心配していた。この月島のピンチに乗じて、新興華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)が、市松に接触を図ってきていた。
ある日、ももは、自転車で激しく転んでしまう。泥だらけで壊れた自転車を引きずり、小さな商店街に迷い込んだももは、古ぼけた自転車店で店主の風間直人(峯田和伸)と出会う。ももは「直して!」と直人に修理不能と思えるほど大破した自転車を押しつけ、汚れた服の着替えまで要求する。直人は、高飛車で奔放なももの態度にいら立ちもせず、にこやかに自転車を預かった。
直人は店を営む傍ら、長く病床にある母・節子(十朱幸代)の介護をしてきたが、ついに節子が息を引き取った。一人になった直人に、彼を心配する商店街の人々から見合い話が持ち込まれる。直人は生まれてこのかた、恋人ができたことがないのだった。
ももが借りた服を返すため自転車店を訪れると、ちょうど直人が見合いをしていた。ももは商店街の人々から、直人の人柄を知らされる。優しく穏やか、どこか不思議な魅力を持つ直人は、皆に“ぷーさん”と呼ばれて愛されていた。
直人と出会い、自分が生きてきた世界とはまったく違う下町の人々に触れて、最初は戸惑いを覚えるももだったが……。


にほんブログ村