武則天-The Empress- 第29話『乾祥宮からの招待』感想

乾祥宮からの招待


あらあら。蕭薔は徐慧さんに助けを求めたのね〜〜
ま、蕭薔が武媚娘に声をかけようとしたところを、徐慧が先手を打ったわけですが。

それにしても徐慧さん。
蕭薔のお腹の子を流させて、その罪を韋貴妃になすりつけようなんて…!
畏れ多くも陛下のお子を…えげつねェな( ̄▽ ̄)
しかも堕胎薬を武媚娘に運ばせるあたり、さすがやりおる。

そして徐慧の駒になった人物がもう一人。皇太子妃です。
邪魔な称心が死んでご機嫌な皇太子妃でしたが、そんな妃の元に差出人不明の文が届きます。
そこにはなんと、にっくき称心が今も生きていて、皇太子に匿われていると書かれているではありませんか!
皇太子妃はすぐさま隠れ家に赴き、称心の生存を確認しました。

衝撃を受ける皇太子妃。
当然です。私もショックでした。前回、称心の忠義に感動したのは何だったんだー!と(笑)

肝心なところで甘っちょろい皇太子。
そもそも称心を殺せというのは陛下の意向なわけで(汗)

このせいで皇太子妃が徐慧に付け込まれることになるとはね〜〜
徐慧は、陛下に知られる前に称心を始末すればいい、と皇太子妃にアドバイス。
皇太子妃もなるほど、と徐慧の作戦に喜んで乗るのでした。

どうやら徐慧さんは、武媚娘に味方する者は誰であれお気に召さない様子。
称心の一件はどうなるのか、気になります。

第29話(公式サイトより引用)
韋貴妃の企みを知った蕭薔は徐慧を乾祥宮に招き、助けを求める。徐慧は韋家の勢力が強いため、陛下でも韋貴妃に対抗できないと諭しながらも、お産までに子が流れれば、韋貴妃の目論見は外れ、再起を図れるかもしれないと助言、あとから堕胎に必要な薬を蕭薔に届ける。一方、皇太子妃は称心がボウ山の隠れ家にかくまわれていることを何者かの文によって知らされる。衝撃を受けた皇太子妃は武媚娘に会いに行くが、そこにいたのは徐慧であった。

武則天-The Empress-
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話
晨脂って何?


にほんブログ村