武則天-The Empress- 第27話『友情の行く末』感想


あーあ。徐慧さんがダークサイドに堕ちてしまった(T_T)

皇太子を排除しようとする魏王は、たかが才人と侮っていた武媚娘が皇太子と手を組んだことで、武媚娘の存在を警戒し始めました。
そこで魏王が目を付けたのが、武媚娘の親友である徐慧でした。
初めは武媚娘との友情を重んじ、魏王のそそのかしにも乗らなかった徐慧でしたが、陛下の自分と武媚娘への愛の差を感じ取ってしまい、ついに親友を裏切り魏王に味方することに決めたのです。

女帝武氏の疑いを晴らすため李君羨を身代わりにした武媚娘は、陛下の寵愛を取り戻し、皇太子という後ろ盾も得て、後宮での地位を固めていました。
楊淑妃に徐慧とともに食事に招かれた際も、徐慧が楊淑妃の息子・呉王を褒めたのに対して、武媚娘はどの皇子にも見所があると言うに止めます。
皇太子に恩がある武媚娘が、呉王の肩を持つことはできませんからね。
でも、武媚娘にそんなこと言われたら呉王を持ち上げた徐慧さんの立場がないじゃんねぇ(^^;)

良くも悪くも天真爛漫な武媚娘は、徐慧の複雑な心境には気付かないし、陛下のお召しがなくなった彼女を憐れんで施しを与えるような真似もする。
徐慧さんは入宮前は都でも評判の才女だったそうで、その分プライドも高い。
そんな彼女が尊厳を傷つけられたら…武媚娘に敵意が向くのは想像に難くないです。

徐慧さん、武媚娘にプレゼントされた腕輪も叩き割ってしまいましたね(涙)
あのときの徐慧さんの狂気を感じさせる表情が印象的で、演じている張釣甯(チャン・チュンニン)さんって演技上手いんだな~と今更ながら感じました。

さて、武媚娘を自分の側に取り込みたい楊淑妃でしたが、狩りの場で呉王に武媚娘を救わせ恩を売るはずが、そのチャンスを皇太子に奪われてしまいました。
どうやら楊淑妃は武媚娘の才覚を高く買っていて、ぜひとも味方に付けたい!と考えているようですが…
だったら武媚娘を狙って楊淑妃が仕組んだという、あの毒扇の一件は何だったんだ?と気になります(^^;)

楊淑妃は、武媚娘が自分や呉王よりも、皇太子を優先したことを見抜いていましたね。
これから楊淑妃がどう出るのか、目が離せません!

第27話(公式サイトより引用)
女帝武氏の身代わりを仕立て上げた武媚娘は、東宮と手を組み後宮での地位を盤石なものにする。李承乾は、朝廷内での地位を回復したものの、称心の身を案じて不安に苛まれていた。そんなある日、李世民から称心の処分を迫られることに。一方、皇太子を排除する目論みが失敗に終わった李泰は、次の手を考えていた。李泰は武媚娘の親友の徐慧に近づき、疑心を植えつける。武媚娘に対する嫉妬に駆られた徐慧は、とうとう禁断の一歩を踏み出した。

武則天-The Empress-
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話
晨脂って何?


にほんブログ村