モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐― 第7話 感想


やっぱりすみれは気づいてたんだ…
暖はラデル共和国の刑務所で死んだことになっていて、すみれの元にも死亡通知が届いていたらしい。
だからすみれが真海と初めて会ったとき、すぐには新海=暖と気づかなかった…ということだったんですね。

そりゃまあ、死んだはずの人間が実は生きていた、なんて普通は考えないか。
すみれは新海の別荘で関係者一同が集まったあたりから疑い出したのかな…?
他の面々も、早く気づけよ!って感じですけどね(汗)

でも、入間がようやく気づいたみたいで動き出しました。
神楽は…暖が生きていることは確信したようですが、まだ新海=暖には気づいてないっぽい?
自殺に追い込まれた幸男でさえ、最後まで真海の正体には気づかなかったんですものね。

すみれが新海=暖であることに気づいていたと告げたとき、新海が悪いのはすみれではなく幸男なんだと告げたとき…
そして愛梨が幸男に自分の正体を明かしたとき…一瞬、時が止まったような感じがして、背中がゾワっとしました。
思わず息を呑むほどの緊張感を演出するのが上手いドラマだな~と、ここ数話で感じています。

幸男は死んじゃうのかな…
何だかんだで根は優しいらしい愛梨。
予告で真海が愛梨にブチ切れてたのは、愛梨が幸男を助けたから?
瑛理奈vs貞吉も気になるし、早く続きが見たいです。

第7話(公式サイトより引用)
モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は自分を貶めた寺角 類(渋川 清彦)をこの世から抹殺する。そして、真海が復讐のために放った南条幸男(大倉忠義)に向けた矢も、ついに的を射ようとしていた。
幸男の家に、裏組織のダニー・ウォン(葉山ヒロ)とサム・ユンロン(ジョン・リ)が押し入り、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にとられる。かつて幸男も片棒を担いだショーン・リー(ジョー ナカムラ)事件の目撃者が香港警察と接触することになったとダニー。目撃者はショーン夫婦の娘、エデルヴァ。エデルヴァはダニーたちが人身売買で売り飛ばしたのだが、日本語を話す男が買い取った。ダニーは幸男が誰かに狙われているのだろうと、その男を探し出すよう命令する。家を飛び出した幸男は江田 愛梨(桜井 ユキ)に予定のキャンセルを連絡、さらに神楽清(新井浩文)に電話するのだがつかまらない。
その頃、神楽は訪ねてきた真海と会っていた。真海は留美(稲森いずみ)に引き合わせた安堂完治(葉山奨之)が詐欺師だったと神楽に謝る。そして、間もなく幸男がショーンの事件に関与していたことを香港警察が知ることになるとも教えた。
寺角の遺体は匿名の通報で警察が発見される。寺角が浜浦町の出身で、15年前に暖が捕まった時の関係者だと国見悠馬(森岡龍)は入間公平(高橋克典)に報告。入間は、ラデル共和国から死亡報告が届いている暖を調べ始めた。

モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―
第1話&第2話 第3話 第4話 第5話 第6話


にほんブログ村

[PR]