コンフィデンスマンJP 第7話『家族編』感想


血の繋がりだけが家族じゃない。
心からそう思える、素敵なニセ家族の物語でした(^^)

それにしても、あの兄と姉が偽物だったという時点でもうビックリでしたが、まさか本物の兄姉まで偽物だったとは…!
出番ちょっとしかないのにあっちゃんと中尾明慶さんをキャスティングするなんて、山田孝之さんの回といい豪華なこと(笑)

お金目当ての偽物ばかりが集まった家族。
まさか要造も偽物なんじゃ!?と疑っていましたが、さすがにそれはなかったですね(^^;)笑

ダー子の子猫ちゃんたちのおかげで巣鴨コンビが去り、ダー子とボクちゃんも撤収かと思いきや、要造のもとに残ると言い出したボクちゃん。
「たとえ相手がどんな人間でも、だますってのは最低なことだ。僕らはせめて最後までだまし通してあげるべきだ。」
そう言ってお手伝いの聡子さんと一緒に要造の最期を看取るんだから、ボクちゃんは本当に「いいやつ」だわ。
そんな善良なボクちゃんの行動は全てダー子の計算通り!
ダー子たちは無事、遺産の総取りに成功したのでした〜〜

でも、そこはボクちゃんですから。
巣鴨コンビにも遺産を分けてあげちゃうお人好しぶりを発揮。
全員、家族がいたことがないという騙し屋たちが、要造の位牌を囲んで花火を見ていたシーンはほっこり幸せな気分になりました。
そして要造が「俺の本当の家族の写真」と言ったのも、血の繋がった実の家族ではなく、偽物の家族の写真。
赤の他人が集まった偽物の家族が、最後には本物の家族になったというのが、なんともしんみりイイ感じの話でした。

ところで、副音声で五十嵐と古沢先生が言ってたコンフィデンスマンJP×リーガル・ハイSPドラマ、実現しないかなあ。
今回の「ガッキーだったらな」だけでも気分上がりましたもん!笑


第7話(公式サイトより引用)
ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)という女性の話を聞く。1年前、バーでリチャードの財布をすろうとして失敗した理花は、天涯孤独の身で、夜の仕事を転々としているうちにスリまでするようになったらしい。時々理花と会うようになったリチャードはまともな生き方をするよう何度も説得していた。だが、彼女は耳を貸さず、結局しくじって刑務所に服役することになったという。
出所するまで理花の家財道具を預かることにしたリチャードは、それをダー子の部屋へと運んだ。そこでダー子が見つけたのは、理花の母親の遺品から出てきた手紙だった。送り主の与論要造(竜雷太)は、10億円の資産を子どもの誰かに譲ると手紙に記していた。五十嵐(小手伸也)の調査によれば、要造は鎌倉に住む資産家で現在闘病中。だがその正体は、違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだった。理花は、要造が愛人に産ませた子どもだったため、母親や兄姉からひどい苛めを受けていたらしい。そんな生活に耐えられなくなった理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの、愛人稼業の母親とも折り合いが悪くなり17歳で家を飛び出してしまっていた。
刑務所を訪れて理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て以来18年もの間、一度も連絡も取っていなかったことを知ると、理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。理花の兄姉――祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は、突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。
そんななか、ボクちゃんは、ダー子が要造に話した作り話のせいで、理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり……。

コンフィデンスマンJP
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話


にほんブログ村

[PR]