武則天-The Empress- 第22話『失われた寵愛』感想


陛下が急に武媚娘を遠ざけるようになったのは、武媚娘を守るためですよね。
徐慧が寵愛を受けるようになったのもそのため。
徐慧さんはカモフラージュのために自分が使われたと知れば、ますます武媚娘に対する嫉妬が強くなるだろうな(汗)

韋貴妃はこの機に、陛下を姪の蕭薔のもとに通わせて、蕭薔の懐妊を狙っているようです。
韋貴妃はこれまでにも懐妊した妃たちを流産させたり殺したりしていたので、てっきり蕭薔に飲ませた薬湯も子が授かりにくくなる薬かと思いましたが…
さすがに自分の姪にまでそんなことはしないか(^^;)
何より一族の将来がかかっていますしね。

さらに韋貴妃は、蕭薔のわがままをしつけ直そうと、蕭薔が盗み聞きしているのを承知の上で、懐妊しないなら蕭薔に用はないから他の女子を迎えよう、なんて春盈に話をしていましたが…
これを聞いた蕭薔、素直に態度を改めるかなあ。
むしろ「やられる前にやってしまえ」とばかりに、韋貴妃に反旗を翻すんじゃ…そして返り討ち。
そんな展開が簡単に想像できるのですが(汗)


第22話(公式サイトより引用)
甘露殿には重臣たちが集まっていた。"女帝武氏"は武媚娘であるとして、李世民に誅殺を求めていたのだ。そして長孫無忌の頑なな態度に、李世民はついに武媚娘と距離を置くことを決め、御書房へは武媚娘と最も親交の深い徐慧を召すことになる。韋貴妃は李世民の武媚娘への寵愛が薄れている間に蕭薔が李世民の子を授かれるよう画策、行動に移すのだった。

武則天-The Empress-
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話
晨脂って何?


にほんブログ村