武則天-The Empress- 第8話『皇太子妃の悩み』感想

皇太子妃の悩み


演じている人が「ずっと君を忘れない」に出ていた李李仁さんだと知って、俄然興味が湧いてきた皇太子。
皇太子があまりにも部下の称心を重用するため、宮中では皇太子に男色の気があるのではないかという噂が広まっているようです。
これを心配した皇太子妃は、皇太子との間に新たに子を儲け噂を払拭しようと試みましたが、皇太子は妃に心を閉ざしたまま。

この二人は決して結婚当初からうまくいってなかったわけではなく、3人の子を成すほど仲睦まじい夫婦だったのです。
それが称心がやってきてからというもの、皇太子は妃をあまり顧みず称心を寵愛するようになった、と。
これは妃からすれば辛いでしょうね~。最初から不仲だったのならともかく、結婚当初は皇太子の方が妃に惚れ込んでいたようですから。

さて、武如意ですが、自分を毒殺しようとした鄭婉言をかばって真実を明かさなかったため、罪人として掖庭に送られてしまいました。

とは言え、武如意が配属された洗衣房は、掖庭の中でも仕事が少なくて比較的楽なようです。
きっと陛下が手を回してくれたんですね。

そんな掖庭には羅玉珊というボス格の女がいて、「将軍」と呼ばれていました。

この羅玉珊はもともと韋貴妃に仕えていたようで、韋貴妃の侍女・春盈を通じて、武如意の美貌を傷つけるよう命じられていました。
羅玉珊に襲われそうになった武如意を、彭婆が助けてくれます。
彭婆が何者なのかは掖庭の誰も知りませんが、羅玉珊が唯一手出し出来ない相手です。
とりあえずは武如意に味方してくれるみたいなので安心ですね。

いったい彭婆とは何者なんでしょうか?
役人たちの彭婆への気の遣いようを見ていると、只者とは思えませんが…先帝のお手つきだったとか?
文徳皇后のことも知っているみたいだし、気になります…!

そして武如意の親友である徐慧は陛下にその才気を買われ、正三品の婕妤に封じられました。

徐慧おめでとう~!いつもブルー系の衣装を着ていた徐慧が、今回はピンクを着てる~
清楚な美人の徐慧にはブルーが似合うと思っていましたが、ピンクもなかなか可愛らしくて良いですね。

婕妤になった徐慧は、鄭婉言の侍女だった文娘を自分の侍女にしました。
仕えていた主が亡くなった文娘は、不吉な人物として宮中の人たちから嫌われていたので、自分を選んでくれた徐慧に感謝します。
なんだか良き主従コンビになりそうです。

昇進した徐慧にあれこれ嫌味を言うのは、韋貴妃の姪である蕭薔。
蕭薔は武如意ばかりか、徐慧にまで嫌がらせしてくるのかな。
というか、今後、武如意と徐慧が陛下の寵愛をめぐって対立するような展開もあるのかしら…

第8話(公式サイトより引用)
皇太子妃は、自分に心を許さない夫のことで悩んでいた。努力しても溝は広がる一方で、皇太子妃は頭をかかえる。武如意は鄭婉言が死んだ責めを負わされ掖庭に送られる。掖庭は韋貴妃の配下である羅玉珊に牛耳られていた。さっそく襲われる武如意だったが、間一髪のところを彭婆に救われる。文徳皇后を知る彭婆は何者なのか、武如意はいぶかしむのだった。同じ頃、徐慧はショウヨに冊封される。だがこの快挙を、よく思わない者がいて...。

武則天-The Empress-
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
晨脂って何?


にほんブログ村

武則天 -The Empress- BOX1 (コンプリート・シンプルDVD-BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)


武則天 -The Empress- BOX2 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)


武則天 -The Empress- BOX3 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)


武則天 -The Empress- BOX4 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)


武則天 -The Empress- BOX5 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)