師任堂(サイムダン)、色の日記 第39話『反逆者の烙印』感想

やっぱり中宗王とミン・チヒョンは宜城君暗殺のため手を組みましたね。

それにしてもジギュンの望みが科挙合格ではなく家族一緒に食事をすることだなんて。
この時代の両班の子息の望みが家族団らんとは…ドラマとはいえ何だかな~という感じ。
でも、そんなジギュンの思いを知ったフィウムダンは、我が子を守るためチヒョンに背きました。
捕らえられていたサイムダンを、フィウムダンが逃がしたのです。
雲平寺の惨劇の際もサイムダンを背負って険しい山道を下ったフィウムダンですから、根は善なんですよね。命だけは助かってほしいな。

サイムダンを囮に宜城君をおびき出すことに成功したチヒョンでしたが、口封じのため内禁衛将に殺されてしまいました。
チヒョンの最後、あっけなかったですね~~

ですがチヒョンは、死ぬ間際に黒幕が王様であることを宜城君に明かし、宜城君を大いに混乱させました。
かつては王様の信頼を一身に集めていた宜城君ですが、今では王様が自分を疎ましがっているなんて思いもしなかったんでしょうね。
尊敬していた王様に裏切られた宜城君は王宮に乗り込み、なぜ自分を裏切ったのかと問い詰めますが、王様は「王の胸中が貴様にわかるか!」と声を荒らげます。
王様は王様で、クーデターによって手に入れた玉座だからこそ、今度は誰かにその座を奪われるのではないかと常に恐れていなければならないのですね。
そのへんの苦悩がひしひしと伝わってきて、いつもは憎らしい王様にすごく引き込まれた回でした。

第39話(公式サイトより引用)
チヒョンは中宗の密命により、サイムダンを拉致してギョムをおびき出す。死闘の末、チヒョンを倒したギョムだが、王命だったと知って驚きを隠せない。一方、サイムダンを助け出したフィウムダンは息子をサイムダンに委ねて立ち去る。中宗に詰め寄ったギョムは反逆者に仕立て上げられ、比翼堂と楊柳紙所も閉鎖の追い込まれてしまう。

師任堂(サイムダン)、色の日記
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話


にほんブログ村