陸王 第9話 感想

第九話 最終回前!陸王最大の危機!!~百年の歴史に幕?茂木が陸王を脱ぐ!親子で踏ん張れ


こはぜ屋の従業員たちって残業代もらってたんだ!
残業代払う余裕なんてないだろうに…と今回一番驚いたのはそこでした(笑)

宮沢社長からこはぜ屋の売却案を聞かされたこはぜ屋従業員たちは、あけみさんを筆頭に反対の姿勢を示しました。
彼女たちが、納期が迫っているにも関わらず残業を拒否したため、こはぜ屋の仕事に影響が出かねない事態となってしまいました。
「残業一切いたしません」なんて、ちょっとドクターXみたい(笑)

こはぜ屋は100年続く老舗であり、あけみさんにとっては第二の家だそうで。
従業員たちがそれを守りたいと思う気持ちはもちろんだと思いますが…
だからって仕事を放棄(と言っても残業だから文句は言えないけど)したり、宮沢社長を裏切り者呼ばわりしたり、大地の友達じゃないけど「何が不満なんだよ」と言いたくなります。

「元の足袋屋に戻ればいい」って言うけど、それじゃ遅かれ早かれこはぜ屋は潰れてしまうわけで。
そうなれば従業員たちだって失業するんですよね。
負債を抱えて倒産されるより、会社を売ってでも生き残ってくれる方が断然マシだと思うのですが。
こはぜ屋売却に代わる解決案を提示するわけでもないのに、ごちゃごちゃ文句ばっかり言いやがって…!

と少しあけみさんにイライラしていましたが、御園社長もこはぜ屋の味方というわけではなさそうだからなあ。
別に悪者というわけではなくて、あくまでビジネスマンという意味で。
フェリックスは買収を繰り返して大きくなったようですが、買収された企業のほとんどが、買収前とは違う経営方針になったり、清算されてしまったりしていたそうです。
御園社長は、買収後もこはぜ屋の社長は宮沢社長が続投すれば良いと言うし、足袋の製造だって続けて良いと言ってくれています。
でもそれは、ただシルクレイが欲しいからなんですよね。
いずれシルクレイに代わる素材が出てきたときに、足袋屋としてのこはぜ屋は切り捨てられるんじゃないか、と宮沢社長は心配していました。

だから宮沢社長は、こはぜ屋を売るのではなく、こはぜ屋と業務提携しないか、と御園社長に持ちかけます。
御園社長はこれを断りました。
今のこはぜ屋では、フェリックスの希望通りにシルクレイを供給できるか不安が残るうえに、そもそもシルクレイ製造機がないんだから無理だろう、と。
だったら…と、宮沢社長は、こはぜ屋を支援するつもりで、と御園社長に言いましたが、これも断られました。
フェリックスに何らメリットがないからです。

「融資なんてつまらない。それなら独自で開発した方がマシですっ」と言う御園社長に、宮沢社長が言ったのが次の一言。

「ですが、できるんですか?」

そうなんですよねー。
確かフェリックスの技術を持ってしても、シルクレイと同等の素材を作ろうとすれば5年はかかるんでしたっけ?
フェリックスが欲しがっているシルクレイの特許を持っているのは飯山顧問。
その飯山顧問は、こはぜ屋だけにその使用を許している。
こうなると、たとえ零細企業のこはぜ屋であっても、フェリックスのような大企業とも対等に交渉することができます。

ただ、フェリックスがダメなら他の企業を…と言っていた宮沢社長ですが、そう簡単に見つかるかなあ。
次で最終回だというのに、そんな簡単に新しい後ろ盾が見つかったら都合良すぎですよね(笑)
結局、御園社長が折れてくれて和解するんだろうな。
茂木選手も吹っ切れたようだし、最高にスカッとする最終回を期待しています!

最後になってしまいましたが、今回も大地が良かったですね!
タチバナラッセルのアッパー素材に勝るとも劣らない素材を、見事に見つけてきてくれました。
「無駄かもしれないけど、無意味ではない」
陸王で茂木選手を支えたいと願う大地の熱い思い…届くと良いな(^^)

第9話(公式サイトより引用)
「陸王」に欠かせないソールを製造するシルクレイ製造機が故障し、生産再開に必要な1億円の目途が立たず窮地に追い込まれた宮沢社長(役所広司)と「こはぜ屋」。そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園社長(松岡修造)からの買収案に悩む宮沢だが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていた。「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地(山﨑賢人)が心配すると、あけみ(阿川佐和子)は買収には断固反対と泣きながら訴える。従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまう。
陸王の供給がストップしてしまった茂木(竹内涼真)は、「アトランティスのRⅡを履いてくれれば、ダイワ食品陸上部を資金面でも支援する」という小原(ピエール瀧)の言葉に、本意ではないがRⅡを履くことを決意。東日本チャンピオンズカップで好成績を出せたら、豊橋国際マラソンの出場を認めてほしいと、城戸監督(音尾琢真)へ願い出た。
様々な想いが交錯する中、御園は「自社のことを知ってほしい」と、宮沢を釣りへと誘う。焚き木の火を囲み身の上話を語り出す御園…、そんな御園に宮沢は…。
ひととき、仕事を離れて宮沢と心を通わせた御園だったが、ある日、小原から会食へと誘われる。果たして、小原の目的とは……!?

陸王
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話


にほんブログ村

陸王 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX


陸王 -ディレクターズカット版- DVD-BOX


陸王