陸王 第8話 感想

第八話 3億円で買収!?陸王で親子駅伝


申し訳ないけど、こはぜ屋の駅伝エピソードはまるっと要らなかったかなー。
宮沢社長が助けた男性がカギを握る人物というわけでもなさそうですし…
何はともあれチーム陸王の絆が復活して良かったです!

最初はこはぜ屋を売るなんてとんでもない!という考えだった宮沢社長でしたが、一緒に走ったことで坂本さんの提案を素直に聞けるようになり、御園社長に会って話をすることになりました。

この御園社長がなかなか出来た人物のようで。
シルクレイさえフェリックスで使えるようになれば、こはぜ屋は今までどおり事業を続けて良いと御園社長は言いました。
そしてすぐにでもこはぜ屋に3億円の出資をする用意がある、とも。
御園社長がこはぜ屋の技術力を高く買っていることを知り、宮沢社長は彼を信頼できる人物だと判断したようです。こはぜ屋を売ることを前向きに検討したいと言いました。

松岡修造さん、暑苦しいだけの演技だったらどうしよう…
なんて心配していたのですが、すごく自然な感じで、でも誠実さや熱意は伝わってくる話し方で、社長役にぴったりだと思いました。
御園社長が味方になってくれるならこはぜ屋はもう大丈夫!

と安心したのに、あのニヤリは何ですかー!?
実は悪い人なの?
黒い松岡修造さんは想定外だったので、すごく良いキャスティング(笑)
今後の展開に注目したいです!

第8話(公式サイトより引用)
ランニングシューズ「陸王」製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれた「こはぜ屋」。窮地に立たされた上に、銀行員の坂本(風間俊介)からは「会社を売らないか」と提案され、宮沢(役所広司)は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にする。
陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の造り直しは必要不可欠だ。そのためには高額の資金が欠かせないが、現状はどうすることも出来ないでいた。そんなとき、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)が、近々開催される市民駅伝に参加しないかと話を持ちかけた。陸王を履いて参加することで、宣伝にもなるというのだ。その提案を聞き「そんな場合ではない」と言い放った宮沢だが、わずかでも「陸王」が人の目に触れることで、興味を持ってくれる人が居るかもしれないと思い直し、自分と江幡、そして大地(山﨑賢人)、安田(内村遥)、そしてあけみ(阿川佐和子)とチームを組み出場を決意する。果たして、大会の結果は?
一方、こはぜ屋の買収を画策する「フェリックス」の御園社長(松岡修造)はどう動くのか? その真意は!?

陸王
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話


にほんブログ村

陸王 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX


陸王 -ディレクターズカット版- DVD-BOX


陸王