セトウツミ 第11話(最終回) 感想

第11話


本っ当に、良い最終回でした。
終わってしまってすごく寂しいけど、同時にすごく清々しいような、そんな気分になりました。

姉の誕生日に両親を殺そうと計画していた内海くん。
いつもの河原で家が燃えるのを待っていましたが、そこに内海くんのお父さんが現れ、計画が失敗したことが分かりました。
まあ案の定というか…とにかく内海くんが犯罪者にならなくて良かったです。
お姉さんが内海くんの眼鏡を忘れ物だと思って家から持ち出しちゃったので収斂が起きなかった、ということみたいですね。

お父さんに「ごめんなさい。ごめんなさい…」と何度も謝る内海くんは小さな子どもみたいで、見ていてたまらなく苦しかったです。
そこに瀬戸くんが現れたときの安心感といったら!

初めてお父さんに反抗した内海くん。
高校なんて辞めてしまえと言うお父さんに対し、はっきりと「辞めへんから、絶対。俺はこの高校を卒業するから」と自分の気持ちを言えました。
内海くんが勇気を出してお父さんに立ち向かったときは、心の底から良かった!と思いました。

そして内海くんの言葉にはっとしたような表情で「帰ってから話し合おう」と答えたお父さん。
お姉さんも自分の意志で行動するようになったし、きっと再生できるはず。

最初はお互いただ暇つぶしの相手でしかなかったのが、いつの間にか友情が芽生えて、相手のピンチには駆けつけて助けるほどになる…青春って、友情って、素晴らしいなと思います。
前回出てきた、樫村さんへ宛てた恋文の下書きに内海くんへのメッセージが隠されていたのには震えました。
「2月19日コの川でおれがお前をたすけニ行く」
内海くんの計画は誰も知らないはずですが、瀬戸くんは何かしら感じ取っていたのでしょうね。
本当に…瀬戸くんは紛れもないスーパースター。

この日から2か月後。
瀬戸くんがサッカー部に戻ったため、もう河原で2人並んでおしゃべりすることはなくなっていました。
でも2人は交代で猫の餌やりをしているようで、今も河原には寄っているみたいです。
直接話をすることはなくなっても、LINEで繰り広げられる会話が相変わらずなのが嬉しい。

餌やりをしている内海くんの元にやってきたのは樫村さん。
内海くんが瀬戸ロスに陥っているんじゃないかと心配してくれていました。
LINEで繋がっているとは言え、やっぱりどこか寂しそうですもんね。
樫村さんは…あれは内海くんにキスしようとしてたのかな。
思いっきり避けた内海くんがまた内海くんらしくて可愛いかったですが(笑)
でも内海くんと樫村さん、お似合いだと思うんだけどな~

内海くんは奨学金を使って遠い大学に行くつもりらしいです。
うん。それが良さそう。内海家はまだ再生への道を歩み始めたばかりで、各自受け入れられるようになるには時間が必要だろうから。
でも、お母さんも内海くんに話しかけたりお弁当を作ってくれるようになったり、少しずつ努力しているみたいですね。

一方の瀬戸くんも強がってはいるけど内海ロスのようです。
上から目線で瀬戸くんを励ますハツ美ちゃんが最高でした。
この2人もまた良い感じで愛おしい。

そんなハツ美ちゃんが撮った、瀬戸くんと内海くんが河原で笑ってる写真。
めっちゃ良い写真で、この写真の二人の笑顔を見た瞬間、涙が出てきました。
内海くんのLINEのアイコンがこの写真に変わったのも素敵でしたね。

前回の感想で別のドラマを見ているみたいと書きましたが、衝撃の展開からのセトウツミらしい終わり方で、本当に素晴らしいドラマだったと思います。
他にも面白いドラマや、最終回を迎えて寂しいと思うドラマはありましたが、これほどずっと見守っていたいなと思えるドラマはなかったので、私はしばらくセトウツミロスに陥りそうです。
内海くんじゃないけど、「少しだけ、もう少しだけ続けばいいのにと思える奇妙な時間を手に入れてしまった」感じ。

普段はドラマのDVD-BOXを欲しいと思うことはめったにないのですが、どうやらセトウツミのDVD-BOXにはスピンオフエピソードが収録されるようで。
スピンオフめっちゃ見たい~~!
買おうかな…でもDVD-BOXって高いよな、どうしようかな…と悩み中です(笑)
原作漫画も全8巻で完結したらしいので、これを機に読んでみようかな。
本当にこの作品に出会えて良かったです!


セトウツミ
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話


にほんブログ村

ドラマ25 セトウツミ DVD-BOX


セトウツミ 豪華版 [Blu-ray]


セトウツミ コミック 全8巻セット