武則天-The Empress- 第6話『捕らわれの身』感想

捕らわれの身


陛下が武如意に惹かれつつあることを知った鄭婉言は、武如意を亡き者にしたいと殷徳妃に相談します。
協力を渋っていた殷徳妃でしたが、鄭婉言が殷徳妃の息子である斉王のことを持ち出すと、鄭婉言にある酒壺を授けてくれました。
その酒壺は一見すると普通の酒壺ですが、普通の酒と毒酒を切り替えて注げるよう仕掛けが施されていたのです。

鄭婉言は武如意を自室に呼び出し、毒殺を試みましたが、逆に自分が毒酒を飲んで命を落としてしまいました。

最初は鄭婉言がうっかり殷徳妃からもらった酒壺の使い方を間違えたせいかと思いましたが、鄭婉言も殷徳妃に謀られたようですね。
後のシーンで、殷徳妃は宦官の張に、鄭婉言を殺したのは自分だと打ち明けていました。
鄭婉言が斉王の名を出したことで、彼女が後々危険な存在になるかもしれないと判断したのでしょう。

さて、鄭婉言の死の現場に居合わせた武如意ですが、鄭婉言と二人きりだったため当然疑われます。
この機会に武如意を始末したい韋貴妃は、武如意を私的に厳しい拷問にかけました。
それでも決して屈しない武如意を見た韋貴妃付きの宦官は、韋貴妃に「『女則』を学ばせましょう」と進言します。

「『女則』を学ばせる」拷問とはいったい…?と思っていたら、武如意は竹簡で作った襦袢を着せられ、ぎゅうぎゅうに締め付けられているではありませんか!
体に傷が残らない残忍な拷問だそうです。やっぱり韋貴妃恐ろしい〜〜

その間、徐慧は楊淑妃に助けを求めていました。
楊淑妃はその願いを聞き入れ、武如意の件を陛下に告げ、公正な裁きが行われるよう手を回してくれました。
武如意は今、陛下が最も関心を持っている妃嬪ですから、こういうことは陛下の耳に入れておくのが一番ですよね。
楊淑妃のやり方は賢いな〜と感心します。
その聡明さ故に、陛下から故・文徳皇后に次ぐ寵愛を受けていたのでしょうね。

楊淑妃から報告を受けた陛下は、表向きは韋貴妃の面子を立て、その実、武如意を守ってくれました。
皇帝と言えど正五品の才人のために正一品の貴妃と真正面から対立はできませんよね。

でも武如意には陛下の真意は伝わらなかったのか、陛下は自分の生死に無関心だと誤解してしまいました。

傷心の武如意は、一人で承慶殿へと向かいます。
その後を追う二人の男たち、というシーンで第6話は終わったのですが…

最後の刺客と思しき男たちの抜き足差し足がなんだか面白くて、武如意の身に危機が迫ろうとしているシーンなのに笑ってしまいました。

続きが気になりますが、来週の放送はお休みのようです。再来週が待ち遠しいです。

第6話(公式サイトより引用)
文徳皇后に生き写しの鄭婉言は、ある陰謀の下に送り込まれていた。鄭婉言は計画の遂行に邪魔な武如意を殺そうと画策するが失敗し、逆に命を落としてしまう。鄭婉言殺しの罪を着せられた武如意は、無実を訴えるも捕らえられ、韋貴妃らによる執拗な拷問を受ける。徐慧は親友の武如意を救うため楊淑妃に助力を乞い、嘆願を聞き入れた楊淑妃は韋貴妃の元へ。一方、武如意は自分の生死に無関心な陛下の言動に、深く傷つくのだった。


にほんブログ村

武則天-The Empress-
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
晨脂って何?

武則天 -The Empress- BOX1 (コンプリート・シンプルDVD-BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)


武則天 -The Empress- BOX2 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)


武則天 -The Empress- BOX3 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)


武則天 -The Empress- BOX4 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)


武則天 -The Empress- BOX5 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ) (期間限定生産)