民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ 第2話 感想

[PR]


なんか…初回からイマイチ好きになれないドラマだと思っていましたが、議会で主人公がおもちゃをぶち撒けたところで、ダメだこりゃと思いましたよ。
あのシーン、全然笑えなかったです(-_-;)

立場や意見の違う人とどう折り合いをつけるかって主人公の政治家としての腕の見せ所だと思うのですが、人情話で強引に解決してしまいましたね。
次回からもう見るのやめようかな。

でも高橋一生さんと千葉雄大くんがいるしな…

高橋一生さんのサービスシーンは毎回あるんでしょうか?
脱げばいいってもんじゃないと思うのですが。嬉しいけど。見るけど(笑)

あっちゃんも可愛いです。AKBの頃も可愛いと思っていたけど、卒業してからもっと可愛くなった気がします。
女優としては、ぱるるとか川栄李奈ちゃんの方が成功してるんだろうけど、私はあっちゃん好きだなあ。

最後に、話には関係ないけど主人公に言いたいことをいくつか。
・居眠りしていた議員を起こす前に、ちゃんと前を向いて市長の話を聞きなさい
・議員になったお祝いが国語辞典って、姑にかなり馬鹿にされてるんじゃ…気にならないの?
・八百屋のおばちゃんにりんごをもらってたけど、いいの?
・試し履きって言うなら、素足でパンプスを履くんじゃありません(結局パンプスもらってましたね)

第2話(公式サイトより引用)
晴れて、あおば市議会議員となった佐藤智子(篠原涼子)は初登庁。途中で会った藤堂誠(高橋一生)と新人議員用に用意された研修室に行くと、中から怒鳴り声が聞こえる。河原田晶子市長(余貴美子)が創設した新人議員研修室にベテラン市議、前田康(大澄賢也)が文句を言っているのだ。前田は市議会で多数を占める犬崎和久(古田新太)派で、怒鳴られているのは市長の秘書、望月守(細田善彦)。研修室は市長が新人議員を囲い込もうとする手段ではと憤る前田に望月は否定している。何もかも初めての智子は理由がわからない。
しばらくして始まった本会議に智子が向かうと居眠りをしている前田を議場に発見。智子は手元の資料を丸めて前田の頭を叩いて起きるようにと一喝する。この行動に傍聴席が湧いた。様子を見に来ていた平田和美(石田ゆり子)も思わず笑ってしまうが…。議会が終わって智子が研修室に戻ると、小出未亜(前田敦子)、岡本遼(千葉雄大)、園田龍太郎(斎藤司)が何やら話している。3人は智子を見つけると口々に議会で前田を叩いたことを非難し始めた。犬崎派の幹部の前田に何をしてしまったんだと…。寝ていた議員を起こすのは良いことだと反論する智子だが、犬崎派議員の控え室に呼び出されてしまう。智子を迎えた犬崎は、次の議会で前田に謝罪して自分の会派に入れと告げる。答えを保留する智子に、犬崎は入りたい委員会も考えておけと伝えた。犬崎に目をつけられた智子は…。

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~
第1話


にほんブログ村